EM

Grace

Grace

"Grace"
2013–14
Digital Archive print


We eat everyday, and a large amount of food is consumed by us. One day, I noticed that in many countries, people pray before or/and after meals. Although each praying differs if one sees their forms, underlying meaning of such an act of prayer is to express gratitude. In Japan, people pray by saying “Itadakimasu”, which means to express thanks to those ingredients which gave up their life to be eaten. And it is become a courtesy not to leave any portion of food.

For Grace, I took images with my iPhone and added retouch (syched as they are synthesized and digitally painted over) with my computer. I think it is the photographer’s skill to make ordinary objects beautiful. If one has this skill, he can create his works using his mobile phone. I felt I didn’t need to set up a big camera for this work. At any time, anywhere, we can take photos and it is possible to create our works. Photography should be the joy.

私たちは食べ物を食べ、日々、たくさんの食べ物が消費されていく。様々な人と関わっていると、食事の前や後に祈りを捧げる国が多いことに気が付いた。祈りの形式に捕われたら差別化が起きるが、祈りの行為の根底にあるものは、感謝である。日本での祈りは「いただきます」と言い、命を奪われる(=いただかれる)食材への感謝を表す。

技法において、私はこの作品をiPhoneで撮影し、レタッチをしている。ハレもケも混ざった日常を撮り、美の水準を上げるのは写真家の仕事である。「写真はカメラで撮る」という形式に捕われたら差別化が起きるが、撮るという行為の根底にあるものは、美である。美しければ、感動する。感動は共有できるが、差別化は共有できない。共有できず、利潤や背景が異なれば、他人に流れる血の中に、自分と同じ血が流れていることを実感することは難しいだろう。そうしたら、鉄砲で他人の命を奪うことも平気で出来る。

しかし、共有できるものがあれば、他人に自分と同じ血が流れていることを実感しやすくなる。その実感を持てたら、家族を守りたいと思うのと同じように、他人を兵器で殺すことも減るのではないだろうか。

カメラで撮ることだけが写真と思わずに、根底にある「美」に対してブレずに作ることが出来たら、先にあるのは、共有だと信じている。それが平和だと、私は信じている。

Grace Grace Grace Grace Grace Grace Grace

Page top ∧