EM

The 30 years work.

The 30 years work.

"The 30 years work."
2012–
Needle, Indian ink / Digital pigment print


When I was 3 years old, I was already painting. Then I learned piano, played in a rock'n roll band, and came to photography at last. Although such media are different, I have been always creating something. When I could do well in the creation, I felt like I had lost something important in exchange for such creativity. So, I always had the question, “How many works will I be able to make in the rest of my life?” I was a little impatient, because one doesn’t know when one will die.

At the same time, after Kan, I was looking for the Mesotes (Golden Mean), being in the middle of something.

One day, I looked up at the sky. I notices that there is heaven, there is earth, I exist here, and there is my work of art. I had realization that I am in between (middle = Mesotes) the ground (earth) and the heaven (sky), and I don't need to seek for Mesotes. I had both hands together when I realized that I can go to polar from polar, I can create anything.

Then I remembered the very first feeling in my life: I wanted to create a good piece of work, because I love to create!, I feel more happy! Even though it’s physically and mentally demanding, creation (painting, music, and photography) has saved me.

Currently, I appear to have entered a period of giving something back to my work. It may just make for work without impurities, for the rest of my life.

物心つく頃、すでに絵を描いていた。その後はピアノを習ったり、バンドを組んだり、最後に写真と出逢い、媒体は違えど常につくることを続けてきた。そして、制作において良く動けたとき、対価として自身の大切なものを失っているような気がしており、いつの頃からか「残りの人生で、あとどれほどの作品をつくることが出来るだろうか?」と疑問を持つようになっていた。人はいつ死ぬかわからない故、少し焦るような気持ちがあった。

それと並行して「観」以降、中庸、つまり「真ん中」であることを求めていた。

しかし、そんなある日、いつものように運動をし終わった後に空を見上げてみると「天があって、地があって、俺がいて、作品がある」ということに気が付いた。つまり、天(空)と地(大地)の間(中庸=真ん中)に私がいることに気付き、わざわざ中庸であることを求める必要はなかったのだ。既に真ん中にいるのだから、私は極地から極地へ行くことだって出来るし、何をつくってもいいんだと気付いたとき、両手を合わせていた。

その時、人生における最初の気持ちを思い出した。「つくることが楽しく、楽しいからもっといい作品をつくりたい」と思っていたんだと。たとえ肉体的・精神的に制作が過酷であってもつくることは楽しかったし、つくることが私を救ってくれていた。そして現在、作品への恩返しの時期に入っていると気付き、残りの人生は作品の性質を濁らせずに「ただつくること」、それだけでいいと思ったのだった。

Page top ∧