EM

光学装置の記憶

光学装置の記憶

"Memory of photography"
2008–9
Digital pigment print
135 piece
PDF document [Japanese language]


Memory of Photography is a series of works which was created by scanning debris, such as paint used for the production of the Gift series. These works are configured with about 150,000,000 pixels per sheet. The process of creating this work inspired me to think in macro and micro perspective. This idea has been carried forward to my subsequent work, "The uncertainties of Life".

「ギフト シリーズ」制作のために使用された絵具の残骸などをスキャンし、レタッチを施して大判プリントにも対応できるように制作された作品(一枚あたり:約1億5000万ピクセル)。この作品によって、マクロとミクロの視点を考えるきっかけとなった。 この考え方は、「四季無常図」にも引き継がれている。

光学装置の記憶 光学装置の記憶 光学装置の記憶

四季無常図

四季無常図

四季無常図 ("The uncertainties of Life")
2011
Digital pigment print
PDF document [Japanese language]


Seasons in life, spinning moments, one year’s woven four seasons, and history piled up year by year, never stop moving, micro as well as macro, even into the work. History is accumulated by moments. Among them are also facing sadness, anger, hatred, pleasure, and love. So it is just what is nestling in us. You admit that these feelings live together, die together This attitude is “Mujyoukan” (a view of life as something transient and empty).

When I was creating Memory of Photography of the macro and micro perspective, at that time I adapted this idea in a technical sense to correspond to the small subject into the large-size print. However, in this work, in terms of attitude toward life, it is stronger. What inspired me to create this work was a little incident; After I started to feel severe abdominal pain when I was making my coffee every morning, I began to mix milk in my coffee. And I felt that milk's moving trajectory to be very beautiful.

一瞬一秒の生命の存在が紡ぐ四季、四季が織り成す一年、一年一年が積み重なる人の歴史、それらはマクロにもミクロにも動き、 たとえ作品化し、筆を置いたとしても留まることはない。一瞬一秒の連鎖の歴史…… その中には悲しみも、怒りも、憎しみも、喜びも、慈しみも同時に抱え、私(あなた)の中に寄り添っているものだ。 それらを認め、共に生き、共に死ぬことが、今、私が無常観と言える姿勢である。

マクロとミクロの視点は「光学装置の記憶」の際もあったが、当時は小さい被写体を大判プリントに対応させるというスキルレベルの話であった。 しかし、「四季無常図」では、生活をする上での心持ちという点が強くなっている。 この作品の制作をするきっかけが、毎朝淹れているコーヒーを腹痛以降、ミルクを混ぜるようになり、ミルクが混ざる軌跡が美しいと感じたことだった。

四季無常図 四季無常図 四季無常図

Page top ∧